2015/07/10

女子大学生のフィリピンTOEIC留学体験談!ILOILO C&C英語学校

女子大学生のイロイロC&C英語学校 1ヶ月TOEIC留学挑戦記!



わたしの名前は彩花です。
私は現在大学3年生で、今回は夏休みを利用して約4週間CNCで勉強させて頂きました。
とても短い滞在となるので、もし私がスピーキングに特化したESLコースを取ったとすると、
英語が話せるようになった、発音がよくなったといった類の成果は得られるかもしれませんが、英語は継続して使わないとすぐに抜けてしまうものだし、
日本に戻ったのと同時に英語力も戻ってしまった…なんてことになったら非常にもったいないなと考えました。

そこでわたしは、一ヶ月で自分がどの位成長できたのかがはっきりと数値として現れるTOEICコースを受講することにしました。
オデット先生の授業では文法事項を確認する講義の授業とそれに基づいてTOEICのpart5,6を解く演習の授業があります。
講義の授業では、常にTOEICを意識した文法の授業が行われます。
オデット先生は、基本の5文型をしっかりと理解すればTOEICは解けるとし、具体的にどのような形で出題されるのかを明確にパターン化しています。
一通り解説を終えると、すぐに例題を出し、自分たちで考えさせたあとに解説を行います。
解説の際にはなぜその答えが正しいのか、だけではなく、なぜその答えではいけないのかまで、しっかりと説明してくださいます。
演習の授業では、厳しい時間制限があり、スピード感もしっかりと体に覚えこませることができます。

また、毎回目標値が設定されており、それを超えるとアイスをくれたりもします。
また、どこを改善すればいいかという一人一人の弱点を、回答をもとに明確に分析してくださいます。

さらに、最高得点をとった人はしっかりとクラス全体で褒めます。そのあとで、その人でさえさらなる改善が必要なことを告げます。わたしは最高得点を取れたことがありませんが、きっと次はやってやるぞというモチベーションのキープにつながるのはこういうオデット先生のちょっとした一言なんだと思います。
どちらの授業でも、オデット先生は授業の合間に900点以上の成果を残して行った"TOEICモンスターさん"の話をされます。



その人たちがどの位の期間でその偉業を成し遂げたのか、どのような弱点があったのか、
それに対して、その人たちがどんな風に日々努力をしていたか、といった話です。
私の場合、この話を聞いていて初めてはすごい人もいるもんだ、
でもわたしは…というかなりネガティブは印象しか抱いていなかったのですが、日が経つごとに、その話を聞くたびにだんだんと腹がたってきました。というのも、その人たちと同じレベルで頑張れていない自分に気がついたり、思うように成果が出なかったりするからです。その怒りは次第に、
次はわたしの話をさせてやる。みてろよオデット!という思いに変わりました。

オデット先生はどんなに生徒が理解できなかったとしても、話すスピードを落としません。
その代わり、色んな表現を使って何度も何度も同じことを説明してくれます。
そうすることでリスニング力が鍛えられ、様々な表現を知り、さらにそのスピードについて行きつつ質問しなければならないこともあり、スピーキングも鍛えられるという一石三鳥の利点があります。やはり、これもオデット先生が様々な利点を考慮した上でわざとやっていることだとわたしは思いました。

このような授業が毎日繰り広げられるので、TOEICコースの生徒さんはみんな本当に意識を高く持った努力家の方が多いです。

そのため、わたしのような怠け癖のある人間でも、毎日勉強することが苦になりませんでした。
よかった!楽しかった!で終わることなく、日本に戻った今も、これからも勉強を続けよう!という高い意識を持てるのは、オデット先生のTOEICコースだけでは無いだろうかとわたしは思います。
次のTOEICで、ダメだったらまたその次のTOEICで、オデット先生に良い報告ができるようにこれからも頑張ろうと思います。

ILOILO C&C TOEIC留学体験談をもっと見る。

TOEIC学習に集中!イロイロC&CのTOEIC特化コースは高いレベル
http://phil-english.com/board.php?board=review&command=body&no=212

TOEIC NO1校 イロイロC&Cの食事
http://ameblo.jp/phil-english/entry-11868787334.html

フィリピン留学 ILOILO(イロイロ) C&C(CNC)英語学校 TOEIC講師インタビュー